MACSリフト | 美容外科・美容皮膚科【エースクリニック】大阪梅田HEPナビオ院

大阪梅田HEPナビオ院

MACSリフト

MACSリフトについて

MACSリフトとは

MACSリフトとは?

MACSリフト(Minimal Access Cranial Suspension Lift)は、その名の通り、最小限の切開で顔のたるみを引き上げる革新的なフェイスリフト手術です。従来のフェイスリフトと比較して、この手法の大きな利点は、回復期間の短縮と傷跡の目立たない仕上がりにあります。MACSリフトにより、頬やフェイスラインのたるみを効果的に改善し、自然でより若々しい外見を取り戻すことが可能です。

手術は、耳前とこめかみの髪の生え際に沿って行う小さな切開から始まります。その後、顔の深層組織を特殊な糸で持ち上げ、可動性のない組織にしっかりと固定します。この操作により、顔の輪郭が引き締まり、たるみが効果的に解消されます。MACSリフトは、自然な若返りを実現するための最適な選択肢の一つと言えるでしょう

このようなお悩みの方に

  • 顔のたるみやしわが気になる方
  • 顔のたるみが自信を損なっている方
  • 頬やフェイスラインのたるみを改善したいと考えている中年期の方
  • 糸リフトよりも大きな効果の施術を受けたい方
  • 従来のフェイスリフト手術よりも回復期間を短くしたい方
  • 自然な若返りを望むが、大掛かりな手術には抵抗がある方
  • 忙しい日常生活があり、手術後短期間で日常生活に戻りたい方
  • 目立つ傷跡を避けたいと考えている方

MACSリフトの特徴

最小限の切開

最小限の切開

MACSリフトは、耳の前やこめかみの髪の生え際に沿って行われる小さな切開によって特徴づけられます。これにより、従来のフェイスリフト手術に比べて傷跡が目立ちにくくなります。

01

短い回復期間

短い回復期間

手術後のダウンタイムが短く、多くの患者が1週間から2週間で日常生活に戻ることが可能です。これは、手術の侵襲が比較的少ないためです。

02

自然な結果

自然な結果

MACSリフトは、顔の深層組織を適切な位置に固定することで、自然な若返り効果をもたらします。顔の表情や特徴を変えることなく、たるみを解消します。

03

持続性

持続性

MACSリフトによる効果は、通常5年から10年程度持続することが一般的です。これは、糸リフトなどに比べるとかなり長期的な効果となります。

04

安全性

安全性

MACSリフトは、切開・剥離範囲が小さいため、術後合併症のリスクも軽減されます。

05

幅広い対象者

幅広い対象者

中度の顔のたるみがある中年期の男女に適していますが、比較的若い年齢の患者や、従来の切開の大きいリフト手術までは受けたいとは思わない若返りを望む方にも適しています。

06

ダウンタイムと日常生活

術後経過は手術方法によって多少差があります。
以下は大まかな目安を示します。

ダウンタイムダウンタイム

多くの場合、術後1週間程度で日常生活に戻ることができます。しかし、完全に社会復帰するまでには個人差があり、数週間かかる場合もあります。

腫れ腫れ

約1週間で大きな腫れはだいぶ落ち着きます。
頭を高く保つ、冷却パックを使用するなどの対策を行うと、腫れが軽減されます。

内出血内出血

2~3週間で自然に引きます。

洗顔・お化粧洗顔・お化粧

洗顔:ドレーン抜去後(翌日~術3日後)より可能です。
お化粧:抜糸(術7日後)の翌日から可能です。

傷

傷は元々目立ちにくい部位にありますが、術後6ヶ月くらいするとより目立ちにくくなります。

施術のポイント

施術時間 point.1 | 施術時間

2時間半~3時間程度。

麻酔 point.2 | 麻酔

局所麻酔を行います。希望により静脈麻酔を行うことができます(オプション)。

痛み point.3 | 痛み

手術後、局所麻酔が切れると、軽度から中等度の痛みがあります。これは通常、処方される鎮痛剤で管理することができます。手術翌日以降は痛みはやわらいでいきます。

施術後の診察 point.4 | 施術後の診察

翌日:血種ができていないかをチェックします。問題なければドレーンを抜きます。
1週間後:抜糸を行います。
1ヶ月後:状態をチェックします。

メリット point.5 | メリット

皮膚切開が短く、傷も目立ちにくい位置です。
術後の回復が早いことが多いです。

デメリット point.6 | デメリット

あご下、首のたるみが大きい場合は、不十分な結果となりやすいです。

リスク・合併症

出血・血腫 出血や血液が溜まった場合は処置を行います。
感染・化膿・蜂窩織炎 感染が疑われる場合は洗浄や抗生剤の投与を行います。
アレルギー・アナフィラキシー 使用する薬剤や麻酔薬に対するアレルギー反応、アナフィラキシー反応が生じる可能性があります。
色素沈着 皮膚が茶色みを帯びることがあります。ほとんどは一時的です。
瘢痕・肥厚性瘢痕・ケロイド 傷跡が盛り上がったり、ケロイド状になったりして傷跡が目立つ可能性があります。
皮膚壊死 皮膚の一部が壊死する可能性があります。
引きつれ 皮膚の一部が引きつれて見える可能性があります。ほとんどは一時的です。
左右差 いくらかの左右差が生じる可能性があります。
神経損傷 一時的または永続的な感覚喪失や運動機能の低下が起こることがあります。

施術を受けられない方

下記のような方は施術を受けられませんのでご注意ください。

  • 妊娠中の方、妊娠の可能性のある方、授乳中の方
  • ケロイド体質の方
  • 手術前後で禁煙ができない方
  • 血糖コントロール不良の糖尿病の方

監修ドクターメッセージ

大阪梅田HEPナビオ院院長 谷 聡柄

エースクリニック大阪梅田院院長 谷 聡柄(形成外科専門医・美容外科専門医)

MACSリフトは、従来の非切開式リフト術に比べ、より強力な引き上げ効果と長期的な持続性が期待できる革新的な施術法です。
エースクリニック大阪梅田HEPナビオ院では常に最先端の美容医療技術の提供を心がけており、MACSリフトはその中でも特に注力している治療の一つです。

MACSリフトの最大の特徴は、最小限の小さな切開と短い回復期間で、顔全体のリフトアップと自然な若返り効果が得られる点にあります。顔のたるみやしわを改善しながらも、顔の調和のとれた若々しい印象を取り戻すことができます。その自然な仕上がりにこそ、この手術の真の魅力があるのです。

一人ひとりの患者様に寄り添い、細部にまでこだわった丁寧な施術を心掛けております。外見への自信を取り戻し、術後の姿に満足していただけるよう、最善を尽くしてまいります。
美容医療の分野は日々進化を遂げています。当院では最新の知見と技術を常に取り入れ、質の高い治療をご提供することを使命としています。
MACSリフトにご関心がおありの方は、ぜひ一度ご相談くださいませ。

経歴

平成10年 大阪医科大学卒業
神戸大学医学部関連病院勤務
平成20年 大阪大学付属病院形成外科勤務
同関連病院勤務
平成26年 大阪大学付属病院形成外科 助教
平成27年 ベルランド総合病院形成外科 部長
平成30年 他院美容クリニック勤務
令和2年 医療法人一美会エースクリニック勤務
令和3年 医療法人一美会エースクリニック 大阪梅田院院長就任
令和6年 医療法人一美会エースクリニック 大阪梅田HEPナビオ院院長

所属学会

日本形成外科学会/日本美容外科学会/日本創傷外科学会/日本乳房オンコプラスティック学会

資格

日本形成外科学会認定形成外科専門医/美容外科専門医(JSAS)/医学博士

ミラドライ認定医/ウルセラ認定医/サーマクール認定医

ジュビダームビスタ施注資格/ボトックスビスタ施注資格

ドクターについて詳しくみる

エースクリニック大阪梅田HEPナビオ院

エースクリニック大阪梅田院

住所 〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町7-10
HEP NAVIO 6階 HEPナビオウェルネスモール
診療科目 美容外科、美容皮膚科、形成外科
診療時間 10:00~19:00 完全予約制
休診日 木・日・祝

CONTACT

カウンセリング予約