Qスイッチルビーレーザー | 美容外科・美容皮膚科【エースクリニック】大阪梅田HEPナビオ院

大阪梅田HEPナビオ院

Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーについて

Qスイッチルビーレーザーを照射できるディスカバリーピコプラス

Qスイッチルビーレーザーとは?

Qスイッチルビーレーザーは発振媒質にルビーを用いた波長694nmのレーザーです。通常シミ等の治療に用いられるレーザーの中では最もメラニンに対して吸高度が高く、そのため最もシミに選択性の高いレーザーとされています。
また、ナノ秒(=10億分の1秒)単位という極めて短時間で照射できるレーザーをQスイッチレーザーと言います。非常にごく短い時間のため、隣接した組織を傷つけずに高いエネルギーでのレーザー照射が可能で、シミやあざの原因となるメラニンのみを選択的に破壊し、周囲の肌を痛めません。
当院ではディスカバリーピコプラスという機種のQスイッチルビーレーザーを使用しております。この機種はピコレーザーですが、Qスイッチルビーレーザーも搭載しています。

Qスイッルビーレーザーの施術の様子をご紹介

適応

Qスイッチルビーレーザーは局所的なシミを除去する非常に優れた方法です。
肝斑に対して照射すると悪化する可能性があり照射不可ですが、それ以外のシミには広範に適応があります。

老人性色素斑

最も多いタイプのシミです。老人性とありますが、この言葉にあまり深い意味はなく、若い人(20代後半~)にもできます。境界明瞭な茶褐色斑で色の濃さや大きさなど様々です。日光のあたる顔の側面にでき易いのが特徴です。顔以外に背中や手、腕などにもできます。

老人性色素斑について詳しくはこちら

脂漏性角化症

いぼのように表面が少し膨隆した茶褐色のシミです。紫外線暴露が原因で、ゴルフやマリンスポーツをされている方などの顔面に多発しているケースが多くあります。組織学的には老人性色素斑とほとんど同じで、平坦か盛り上がっているかの違いです。

脂漏性角化症について詳しくはこちら

雀卵斑(そばかす)

学童期に遺伝的に発生し、鼻を中心に左右対称に散在します。大きさは比較的均一で3~5ミリ程です。先天的に皮膚の色を均一にする機能に異常があると言われており、根治させることはできませんが、しばらく(数年)きれいな状態に保つことはそれ程難しいことではありません。

雀卵斑(そばかす)について詳しくはこちら

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

成人になってから両側性に頬や額に出現する灰褐色~濃褐色のシミです。他のタイプと異なり真皮層にメラノサイト(メラニン産生細胞)を認めます。ピコ秒レーザーという非常に強力なレーザーでのみ治療可能です。

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)について詳しくはこちら

その他

太田母斑
異所性蒙古斑
扁平母斑
外傷性色素沈着症(外傷性刺青)

Qスイッチルビーレーザー 施術の流れ

洗顔

治療を希望されるシミやアザを正確に診断するために、全顔のお化粧をしっかりと落としていただきます。

洗顔【エースクリニック】大阪梅田院

カウンセリング

治療を希望されるシミやアザがQスイッチルビーレーザーによる治療が適当かどうかを診察します。シミやアザのレーザー治療は照射して全てが終わりというわけではなく照射後のケアが非常に大切ですので、その点を詳しくご説明いたします。

施術の流れ_カウンセリング_エースクリニック大阪梅田院

レーザー照射

担当医師が治療部位にレーザーを照射します。パチンと弾かれた感じがします。照射範囲が広くなければ通常麻酔は必要ありません。パチンパチンと輪ゴムで弾かれた程度の痛みです。痛みに極度に弱い方や広範囲の照射が必要な方はあらかじめ麻酔クリームを塗って行うこともできます(別料金)。

ピコトーニング・レーザートーニング照射

アフターケア

軟膏を塗って肌色の小さなテープを貼ります。
数日間同様の処置を患者様自身で行っていただきます。このとき絶対に掻いたりこすったりしないで下さい。7~10日程でうすかわが自然に脱落してきますので色素沈着を予防するために美白剤を塗っていただきます。治療後しばらくの間は必ず日焼け止めを使用します。

アフターケアー紫外線対策

ダウンタイムと日常生活

術後経過は手術方法によって多少差があります。
以下は大まかな目安を示します。

ダウンタイムダウンタイム

レーザー照射部位には黒い薄い膜(かさぶた)ができますが、2週間テープを貼り被覆します。
2週間後にテープを取り、以後しばらくは紫外線による影響を受けやすいので、必ず日焼け止めを使用してください。

洗顔・お化粧洗顔・お化粧

テープの上から洗顔・お化粧可能です。

施術のポイント

施術時間 point.1 | 施術時間

シミの大きさにもよりますが、レーザー照射の時間は10秒~数分程度です。

推奨施術間隔・回数 point.2 | 推奨施術間隔・回数

シミの場合、多くのケースでは1回。場合により数回。
アザの場合は複数回の治療が必要です。

痛み point.3 | 痛み

パチンと輪ゴムで弾かれた程度の痛みがあります。

注意点 point.4 | 注意点

治療後2~3週間後に色素沈着が生じることがありますが、通常半年~1年の経過で消退していきます。
再発の可能性があります。

リスク・合併症

炎症後色素沈着 レーザー照射により皮膚が刺激を受け、しばらくの間メラニンが増加し茶色みを帯びた状態となることがあります。一旦取れたように見えたシミがしばらくしてまた出てきたように見えるため、俗に「戻りジミ」と呼ばれることもあります。この治療を受けた方の20~30%程度に生じますが、多くは時間と共に引いていきます。
水疱形成 極めて稀に水疱ができることがありますが、適切に処置をすれば問題はありません。
白斑 レーザー照射によりメラニン産生細胞自体がダメージを受けてしまい、部分的に皮膚が白くなる現象です。生じると回復は難しいとされます。

施術を受けられない方

下記のような方は施術を受けられませんのでご注意ください。

  • 妊娠している方、妊娠の可能性のある方
  • 過度に日焼けをしている方
  • 過度の敏感肌の方
  • 肌荒れのひどい方

Qスイッチルビーレーザー 大阪梅田HEPナビオ院の料金表

シミ取りレーザー(ピコレーザー・Qスイッチレーザー照射)

※料金は税込表示です。

ピコレーザー照射
1センチ四方 料金16,500円
1.5センチ四方 料金24,750円
2センチ四方 料金33,000円

※1年以内の再発につきましては大きさ・個数にかかわらず4,400円にて再照射を行うことができます。
QスイッチアレキサンドライトレーザーQスイッチルビーレーザー照射も上記と同様の料金になります。

監修ドクターメッセージ

大阪梅田HEPナビオ院院長 谷 聡柄

エースクリニック大阪梅田院院長 谷 聡柄(形成外科専門医・美容外科専門医)

エースクリニック大阪梅田ヘップナビオ院のQスイッチルビーレーザー紹介ページをご覧いただき、ありがとうございます。

Qスイッチルビーレーザーは、特にシミやあざ治療において多大な効果をもたらす治療法です。このレーザーは、発振媒質にルビーを用いて694nmの波長光を使用します。この波長光はメラニン色素に高い吸収度を持ち、これにより、シミやあざを選択的に、かつ効果的に治療することが可能になります。

皮膚は熱に非常に敏感で、治療の際には周囲の組織へのダメージを最小限に留めることが重要です。Qスイッチルビーレーザーは、ナノ秒単位の短い照射時間で、メラニン色素にのみ高いエネルギーを集中させることが可能です。これにより、治療が必要な部分だけを狙い撃ちし、周囲の健康な皮膚組織を保護します。

特に当院では、「ディスカバリーピコプラス」という最先端の機器を使用しています。この機器はその精密さと安全性において高く評価されております。治療に関するご不明な点は、いつでもお気軽にご相談ください。

患者様の肌質やニーズに合わせた最適な治療プランの提供を目指し、皆様の美しさと健康をサポートすることをお約束します。

経歴

平成10年 大阪医科大学卒業
神戸大学医学部関連病院勤務
平成20年 大阪大学付属病院形成外科勤務
同関連病院勤務
平成26年 大阪大学付属病院形成外科 助教
平成27年 ベルランド総合病院形成外科 部長
平成30年 他院美容クリニック勤務
令和2年 医療法人一美会エースクリニック勤務
令和3年 医療法人一美会エースクリニック 大阪梅田院院長就任
令和6年 医療法人一美会エースクリニック 大阪梅田HEPナビオ院院長

所属学会

日本形成外科学会/日本美容外科学会/日本創傷外科学会/日本乳房オンコプラスティック学会

資格

日本形成外科学会認定形成外科専門医/美容外科専門医(JSAS)/医学博士

ミラドライ認定医/ウルセラ認定医/サーマクール認定医

ジュビダームビスタ施注資格/ボトックスビスタ施注資格

ドクターについて詳しくみる

エースクリニック大阪梅田HEPナビオ院

エースクリニック大阪梅田院

住所 〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町7-10
HEP NAVIO 6階 HEPナビオウェルネスモール
診療科目 美容外科、美容皮膚科、形成外科
診療時間 10:00~19:00 完全予約制
休診日 木・日・祝

CONTACT

カウンセリング予約